ネットショップを運営するなら|ウェブ接客サービスを活用しよう

メンズ

ミス防止や工数削減に寄与

IT

社内向けの工数削減

ビジネスの世界に導入されるシステムには多数の種類があります。その目的と用途に応じて名称がつけられています。営業支援システムや顧客管理システムなどです。営業管理システムはSFAと略されることが多いのに対して、顧客管理システムはCRMと略されます。どちらもビジネスの世界では非常に重要な位置づけになっています。しかしその目的は大きく異なっています。営業支援システムは、顧客管理よりも社内向けの収益や利益を管理するものに近いイメージがあります。見積書や請求書などを作成するのに、手書きなどは時間がかかります。ミスも誘発する可能性が多くなっています。これを防止するために、導入するのが営業支援システムになります。工数のかかる作業やタスクの管理を共有することができるなどのメリットがついています。日報などの社内向けの管理も一元化することができるようになっています。一方CRMは、顧客管理をメインで行います。一人ひとりのユーザーに対して見込みや拡大などを行うために用いられます。収益を拡大するためのマーケティング要素の為に用いられることが多くなっているのです。そのため、社内よりも社外に対してどのように戦略を打つのかが大きな目的となっています。大きな会社では、この両方のシステムを導入しています。そして、営業支援システムと顧客管理システムを連携させることで更に会社全体での管理をできるようにしていることが多くなっています。